ワインセラー

本場フランスEuroCaveユーロカーブのワインセラー。
あなたのニーズに応えたセラーをお届けします。

page_wine
ユーロカーブは1976年、ワインセラーをフランスで発売して以来、現在では世界70カ国以上の国々で熟成を続けるワインは今や1億本以上。世界中のソムリエやワインのプロたちに信頼を得ているユーロカーブだからこそなしえる数字です。ユーロカーブではワイン愛好家からプロフェッショナル・ユーザーまで、熟成・保存・サービス・ディスプレイとお使いになられるお客様のニーズに対応した多種多様なモデルを販売しています。
※掲載は代表的なモデルです。これら以外にも多数ラインナップしております。ご相談ください。

ユーロカーブ6つの特徴

①温度
状態を良く保存する為には、大きな温度変化からワインを守らなくてはなりません。ユーロカーブは冷蔵庫とは異なり冷却と加熱の両機能を駆使して庫内温度の安定を図ります。また本体を保護している厚い断熱材はその効果をより高めます。

②振動
ワインの安定した保存・熟成にとって振動は大敵です。ユーロカーブは厚い断熱材を使用している本体自体が強固な防振作用を果たしており、またコンプレッサ周り・収納棚の取付け部分など各所に振動対策が施されています。

③収納棚
ワインを保存・熟成させる上で頻繁にボトルを動かすのは好ましくありません。ユーロカーブはニーズにこたえる多様な棚を用意して、不必要なボトルの移動を低減します。

④湿度
乾燥はワインを保存・熟成する上で大敵です。そのため一定の湿度を保つ機能は必須です。ユーロカーブは庫内のストーレンレリーフアルミニウム上に自然に生じる結露によって湿度を保つ仕組みになっており、ワインにとって理想的な状態を創りだしています。

⑤光
紫外線はワインを劣化させる原因の一つです。ユーロカーブはUVカットガラスを採用しており、庫内灯は紫外線を含まないLEDを採用しています。

⑥通気
ワインは生きています。庫内空気のよどみや悪臭はワインに悪影響を及ぼしかねません。ユーロカーブは自然の通気を利用したシステムを採用しており、通気孔にカーボンフィルタを装着することで、常に浄化された空気を庫内に引き込んでいます。

2015年1月 ワイン販売スタート!

wine_top

代表的な製品ラインナップ