不耕起対応高速播種機NTP-2のご紹介

なんと作業速度8km/hで高速作業ができる播種機が誕生しました。

NTP-2種子分離と放出の2種類のプレートだから実現できました。
その実力

約64a/h!

飼料生産は農林水産省でも取り組みを強化しています。H32年までに飼料自給率を38%まで向上させることを目標としています。(H20年時点で26%)
 icon-bullhorn その中で補助金も受けられます。
“飼料収穫作業等の作業受託を開始するコントラクターに対し受託面積に応じた支援を行うとともに、コントラクターやTMRセンターによる青刈りとうもろこし等の栄養価の高い良質な粗飼料の作付・利用拡大等に対して支援します。”
詳細はこちら1 詳細はこちら2
詳細およびご用命、お問い合わせ受け付けてます。

【特徴】
●車速最大8km/hの高速作業が可能。約64a/h
●30馬力級のトラクタで不耕起播種作業が行えます。
●「種子分離」と「放出」のダブル播種プレートで構成された繰り出し部で、欠株の少ない高速点播を実現!
●プレートの交換で様々な種子の大きさに対応。交換作業は工具なしで簡単です。
●調整ネジを回すだけで播種深さを調整できます。
●新機構採用により、耐久性が格段にUP。回転センサーにより、作業中駆動輪が停止したらブザーでお知らせします。
●スプロケットの交換で6段階の株間調整が可能。
●15L(×2)大型透明ホッパー採用。
●残量センサーにより、種子残量が少なくなればブザーでお知らせします。
●キャスター付スタンドが標準装備。保管時の移動も楽に行えます。

型式NTP-2
名称不耕起対応高速播種機
条数2条
全長×全幅×全高1450×1550×850(mm)
重量300kg「ウェイト重量130kg」
ホッパー容量15L×2
駆動方式接地輪駆動方式
操出方式ダブル播種プレート構造
条間60~80cm(無段階)
株間14/16.5/18.5/20/22/23.5cm
(6段階)
株間調整方法スプロケット交換方式
作業速度0~8km/h
トラクタ装着方式標準3P 直装式(カテゴリI)
適応馬力28PS以上
適応種子デントコーン、ソルガム
作業能率64a/h